家事の裏ワザ・暮らしの知恵いろいろ・・・



のりこスタイル
 

中島川  

のりこスタイル 中島川 のりこスタイル 中島川

めがね橋より、上流の橋を見ると、川が左右に広がり、バイパス水路が作られていることが分かります。
また、再建された橋のたもとに立つと、向こう側が見えないほど高い橋もあります。

どちらも、S57の長崎大水害のあと、
”100年に1度の大雨が降っても耐えられるように”作られたと聞きました。

長崎や諫早の大水害から年月が経ち、経験していない世代も増えました。
でも、今、日本のあちこちで発生する災害を決して他人事、よそごととせず、いつもとは違う雨などに、
危険を感じる感覚を持っていたいと思います。

category: 思ったこと・感じたこと

浜町で  

クルーズ船が入って、朝からとても混雑していました。
リニューアルオープンしたショップの前に、大好きなキャラクターがいました\(^-^)/

のりこスタイル 浜町で

category: お気に入り

東山手甲十三番館  

友人たちとの待ち合わせまで少し時間があったので、立ち寄ってみました。

あとで友人たちに話すと「え?!あそこは喫茶店じゃなかった?」と。

そう、一時期、かなり前ですが、個人経営の喫茶店でしたよね。

でも、現在は長崎市の管轄になり、入場無料!なんです。(※有料の喫茶コーナーもあります)

のりこスタイル 東山手甲十三番館

東山手十二番館(活水の正門の前)もそうですが、古い洋館に入り、たたずんでいると
ロマンチックな気持ちになります。

のりこスタイル 東山手甲十三番館

活水女子大へ続くオランダ坂の途中にあります。
のりこスタイル 東山手甲十三番館 のりこスタイル 東山手甲十三番館

ここもあじさいが咲き始めていました。
s_180531-3.jpg のりこスタイル 東山手甲十三番館

category: ショートトリップ

世界遺産登録に向けて  

「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」がイコモスの勧告により、登録が実現しそうですね。
準備される方々も一段とお忙しいことでしょう。

資料もたくさん発行されていて、その中のひとつ「時の巡礼」を見ると、イラストやレイアウトがかわいらしく見入ってしまいました。
どなたのアイデア?と思うようなダジャレもあり、必見ですよ

のりこスタイル 世界遺産登録に向けて
のりこスタイル 世界遺産登録に向けて
のりこスタイル 世界遺産登録に向けて

ただ、歴史的建物、地域は広く点在しています。
勧告直後から、大浦天主堂の入場者数は増えたように、行きやすい場所へは多くの方々が行かれます。
でも、離島地区はどのような状況でしょうか・・・。

例えば、
「県外から来た友人を外海地区へ案内しよう!」と考えた場合、
自家用車で案内できないときは、バスやタクシーを利用することになります。


長崎バスはふつうの路線バスのみ(長崎駅から約1時間20分)
長崎遊覧バスツアー(1週間前までに要予約)は土のみで、朝~夕方までじっくり巡る内容
金額的には高くなるかもしれませんが、時間的に余裕がなければ、タクシーをチャーターして周ってもらうのがいいのでしょう

数年前、モニターツアーで外海地区を見学させていただきました。
大切に守られてきた祈りの場所などを拝見できて感動しました

世界遺産になるだろうから、というわけではなく、多くの人に来て見ていただきたいですね。
そのためにはバスツアーなども増えることを願っています。
離島の教会や外海の教会の見学には事前予約が必要だそうです。
個人で行かれる際は特にご注意ください。

category: 思ったこと・感じたこと

ミニチュアライフ展  

もうミニ・・・見に・・・行かれましたか?

長崎での入場者も1万人を突破したそうですね。

その昔、自然の中で遊ぶ小人たちを表現された中村都夢さんの作品が大好きです。

今回は「見立ての世界」という、また少し違った感情も入りつつ拝見しました。

どれもみごとな作品で、あえて私が好きな NO.1を選ぶとすると「甘の川」です。

のりこスタイル ミニチュアライフ展


のりこスタイル ミニチュアライフ展 のりこスタイル ミニチュアライフ展
のりこスタイル ミニチュアライフ展 のりこスタイル ミニチュアライフ展
のりこスタイル ミニチュアライフ展 のりこスタイル ミニチュアライフ展
のりこスタイル ミニチュアライフ展

私のヘタな写真では伝わりません。
ぜひ会場へ。

ネーミングがすごいです
のりこスタイル ミニチュアライフ展
のりこスタイル ミニチュアライフ展

その他
・今夜はここに泊めてクリップ
・新パン線
・リアルなメモ=メモリアル
など

category: お気に入り