家事の裏ワザ・暮らしの知恵いろいろ・・・



のりこスタイル
 

バスマットやめました  

今、我家では、おふろから上がった時、足元にはマットではなくタオルを置いています。

使った足ふきタオルは各々が洗濯機へ入れます。

おふろ上がりに飛びはねてはしゃぐ子どもはいませんので、1人にふつうのタオル1枚でO.K.

新しいタオルではなく、よく使い込んだ水気をよく吸うタオルは毎日洗い乾かすので衛生的です

category: 暮らしのくふう

キッチンマットやめました  

キッチンマットやめました。ついでにバスマットもやめました

冬場のマットは防寒対策にもなりますが、我家では汚れの温床になっていました。

そもそも台所のマットって何のため?

油はねや水はねから床を守るため・・・の物なら、掃除しにくいマットでなくてもいいのでは?
と考えるようになりました。

そして今では料理をする時、床に新聞紙を広げています。
揚げ物のあとなどは、油はねが広範囲で、
今までのマットではとうていカバーできていなかったことが、よく分かりました。
その新聞紙は片付けの時のゴミをまとめるのに使います。

キッチンマット
※もちろん、すべりやすい場合もありますので、個人の判断ですが、
でも床にマットがないと掃除がしやすくてラクです

バスマットは使用後の干し場に困っていました。
吸水性はあっても翌日使うまでに干す場が・・・。
薄手のマットにしようかと・・・とも考えたのですが思い切ってやめました

category: 暮らしのくふう

もっと早くに会っていたら ~ビーカーくんとそのなかまたち~  

高校生の頃にこのキャラクターたちと出会っていたなら・・・
もしかして私は理科好きになり、違う人生を歩んでいたかも・・・

のりこスタイル もっと早くに会っていたら
テレビで実験器具(ビーカーなど)が全国的にブームだと知りました

私が見つけたのは、東急ハンズ長崎店です。

本も出ているので、気になっています

  ビーカーくんとそのなかまたち
    この形にはワケがある!ゆかいな実験器具図鑑
     誠文堂新光社

category: お気に入り

御朱印船プロジェクト  

県の広報誌「つたえる県 ながさき」7月号で知りました。

気になっていたおくんちの船は昨年からの話し合いの結果、第3の船出をするそうです。

少し前、JR長崎駅に置いてある船のことが気になる(※1)とお伝えし、その後、撤去されたので(※2)、どうなったのだろう・・・と心配していました。
※1) のりこスタイル5月19日記事 通るたびに気になるんです・・・ 
※2) のりこスタイル6月16日記事 JR長崎駅

しかし、いらぬお世話でした。
長崎駅にあった御朱印船は、8月にベトナムに向けて送り出されるそうです。
この「御朱印船プロジェクト」を担当されている県の国際課の方へTELして少しお話を聞かせてもらいました。

元々、あの船は本当のおくんちで使われたものではなく、長崎みなとまつりで、三菱重工がイベント用として作った船だったそうです。

イベント後、ずっと長崎駅で展示されていましたが、今回のプロジェクトで第3の船出となったようです。

県広報誌7月号(P10)に詳細が出ていますので、皆様もお手元に届きましたら、ぜひご覧ください。

のりこスタイル 御朱印船プロジェクト

category: 鉄子の部屋