家事の裏ワザ・暮らしの知恵いろいろ・・・



のりこスタイル
 

或る列車  

久しぶりに或る列車を撮りに行きました。

ほんの少し、菜の花が咲いていました。

桜の頃にまた撮れるといいなと思っています。

のりこスタイル 或る列車

今シーズン、3月で長崎コースは一旦終了しますが、
次期も7~9月は長崎コース(現在と同じく佐世保⇔長崎)が決まっています。

のりこスタイル 或る列車

category: 鉄子の部屋

記念乗車券  

のりこスタイル 記念乗車券

何年か前に買ったのですが、もったいなくて使えませんでした。

まだ、販売されているのかな~?と思い、長崎電気軌道に問い合わせてみました。

すると、残念ながら、その時の分は完売し、もう販売していないそうです。

category: 鉄子の部屋

サンダーバード  

私が子どもの頃に見た記憶はほとんどないのですが、自分の子どもが小さい時に再放送された分を見て、
親子共々ファンになりました。
”スーパーマリオネーション”ということばを知ったのは最近ですが、本当にみごとですよね。
当時、サンダーバードのパッケージでおまけ付きのお菓子が販売され、かなりはまって集めました。

捨てられないものシリーズから久々に出してみると、
「これも小さいけれど、良くできているなー」と改めて感動しました。
のりこスタイル サンダーバード
のりこスタイル サンダーバード
のりこスタイル サンダーバード
のりこスタイル サンダーバード

集めていた物には、かたよりがあり、3号と5号(宇宙ステーション)は無く、残念ながら当たらなかったようです。
※緑色の2号のコンテナ(5種類ぐらいあるはず)の1つに4号が入っています。

ところで、
すでに昨年から始まっている新しいサンダーバードをご覧になりましたか?
      ※テレビの特集などを見ていると、50年ぶりの”新シリーズ”と昔の”オリジナル版”と区別されていたので、
        私もそう使わせていただきます。
      ※オリジナル版は1965~1966年 イギリスで製作
        1966~日本でも放送開始

新シリーズには、1号~5号にプラスして、サンダーバードS号というのがあり、
そのメカデザインを日本人の河森正治氏が担当され、スタート前から話題になりました。

また、特集によると、
新シリーズは、CGで作ったキャラクターやメカとオリジナル版と同様に
手作りされたミニチュアの背景との融合だそうです。

オリジナル版を大切にしつつ、最新の技術を屈指しての新シリーズとなっています。

しかし、しかし・・・なんです。
「きかんしゃトーマス」のリニューアルされた分を初めて見た時の気持ちと同じなのです。
アナログの私には、やはり少し違和感があるのです。
目が慣れないだけかもしれません。
新シリーズには気になる謎もいくつかあるので、恐る恐る??時々見ることになるでしょう。
苦手なことは遠ざけるクセはよくありませんしね

category: お気に入り