家事の裏ワザ・暮らしの知恵いろいろ・・・



のりこスタイル
 

老舗の新商品 ~ クルス ~  

誕生50周年を記念して、アーバンリサーチとのコラボで作られたそうです

のりこスタイル 老舗の新商品
のりこスタイル 老舗の新商品

リーフレットに載っている発売当時の缶を見て、
”あ~、この長方形の缶、なつかし~~~”
と思ってしまいました

category: 思ったこと・感じたこと

ゆるキャラグランプリ 2015  

先日(9/23)、中間順位が名古屋のイベントで発表されたそうです。
暫定1位となったのは愛媛県の「みきゃん」さん。
(※みきゃんさんは、みかんと犬の妖精かしら?)

長崎のがんばくんやおむらんちゃんもみんなで応援しましょう

のりこスタイル ゆるきゃらグランプリ2015

category: お気に入り

トイレットペーパーの芯  

新聞配達をしてもらっている所が、ありがたいことに古紙の回収までしてくださいます。
その上、回収後には、トイレットペーパーを新しい回収袋に入れて置いてあります。

先日、そのロール紙を使い終わった時、あら、と、今までとは違うことに気づきました。

「まいどありがとうございます」
と印刷されていました。

のりこスタイル トイレットペーパーの芯

のりこスタイル トイレットペーパーの芯

恐縮です

category: 思ったこと・感じたこと

我が家のレゴ  

初めてのレゴは、いとこからのおさがりでした。

大作がバラバラになった状態で、説明書と一緒にもらいました。

初めから作り直そうと、全部分解し、同じ形のパーツごとに分け準備しました。

しかし、すでにない部品もあることが分かってきました。
少しずつ、どうにか作り進め、2ヶ月くらいかかって出来上がりました。

のりこスタイル 我が家のレゴ

もう今は、ほこりだらけなので、処分しようと思っていましたが、久しぶりに見ると
思い出に浸ってしまいました。

レゴを組み立てるのは本当に楽しいのですが、その後放っておくとほこりだらけになり、
ふとしたはずみで部品が外れ・・・なくなってしまうこともありました。

なので、ほこりだらけになる前に、分解し説明書と共に袋に入れて保管するようにしました。
作りたくなったら作れるし、おゆずりする時も、しやすいです。

のりこスタイル 我が家のレゴ

category: 未分類

大分のおみやげ  

「ざびえる」をいただきました。
食べるのは何年ぶりだろう?と思うほど久しぶりでした。
箱のふたは、ビロードのような手ざわりに仕上げてありました

のりこスタイル 大分のおみやげ

category: いただきもの

如雨露  

新聞の中のエッセイで、この文字を見た時びっくりしました。
初めて気付きました。
えっ!?こんな字を書くの! と。

早速引き出しに入れている、古い小型国語辞典で調べてみると・・・

じょうろ [ 如雨露 ]
 草木に水をそそぐのに使う園芸用品。
 長い管の先に小さい穴をたくさんあけた筒先がある。
 じょろ。
小学館 新解国語辞典第二版より

じょうろからの水まきは、まさに優しい雨露のようですよね。

その後、何とな~く気になるものの、それ以上は、夏の暑さに負けボーっとしていました。

そしてつい先日、大辞林をめくっていた時、「じょうろ」もついてに調べてみました。
すると、前の内容とほぼ同じものに加えて、
- ポルトガル語の jorro からか
と出ているではありませんか!

これだ~と思い、ネットで検索すると、
- ポルトガル語 jorro は、水の噴出を意味する
と分かりました。

ところで、勝手な想像ですが・・・
はるか昔、水を桶に入れ、柄杓で撒いている日本人の姿を外国人が見て
片手でも水を撒けるじょうろの原形を作ってあげたのかも・・・。
さらに日本人が穴をあけた筒先を考えたのかも・・・。
そして、それを見たポルトガル人が、jorro のようだと叫んだのかも・・・。
それを聞いた日本人は
おぉ、これはジョロというものか
と思ったのかも・・・。
私の勝手な想像の世界でした

それにしても、雨が続きますね。
早や早やと、秋雨前線が停滞するとは気象庁も予想できなかったでしょうね。

できれば、如雨露のような優しい雨でありますように。

奇しくも防災の日の雨に思いました。

のりこスタイル 如雨露

category: 歳時記