家事の裏ワザ・暮らしの知恵いろいろ・・・



のりこスタイル
 

長崎駅で  

長崎駅の旧改札口横のカフェにこんな看板が出ていました。
のりこスタイル 長崎駅で

懐かしい列車の写真や切符などと共に、「或る列車」や「ななつ星」のミニチュアもありました。
のりこスタイル 長崎駅で

新しいホームまで行ってみると、新旧そろってのローカル列車が見られました。
のりこスタイル 長崎駅で

その昔、乗っていた「つばめ」が「36ぷらす3」というネーミングにリニューアルして
豪華列車になりましたが、それにもいつか乗ってみたいです。

category: 鉄子の部屋

ラッピングトレイン  

話題のキャラクターがラッピングされているということで、たくさんの方が見に来られていました。

のりこスタイル ラッピングトレイン

グリーン車には、グリーン系の衣装のキャラクター
のりこスタイル ラッピングトレイン

着物の文様が きれいな車体のラインになっていました
のりこスタイル ラッピングトレイン

※ラッピング列車が長崎に来る日は、JR九州のH.P.などでご確認ください♪

category: 鉄子の部屋

西の玄関口  

急用の為、タクシーで長崎駅へ向かいました。
運転士さんに、JRに乗るので新しい入口の方へお願いすると、
「西口ですね。了解しました。ただ、今は工事中のため、横着けはできないんですよ。」と。

えっ、一体どういうこと?と思いつつ到着すると、
新しい西口一帯は工事中のフェンスがあり、タクシー乗降場からは少し離れていました。

これまた、どうして!?と帰路のタクシーできいてみると
「これからロータリーを作るために、まず、屋根を作るようですよ」とのこと。

新駅舎ができて、見学に来た時は、1Fの窓の外に確かにタクシーが見えました。
でも、それで完了ではなかったのですね。
それにしても、なぜだろう・・・、やはりコロナ禍だから?
オリンピックのために人でも資材も不足していた?
かもめ広場からの仮設通路には、ようやく屋根ができましたが、これからまだまだ先は長いようです。

category: 鉄子の部屋

新長崎駅 -今までとこれから-  

テレビで見てはいましたが、かもめ広場側の改札口は撤去され、みどりの窓口や観光案内所も移動し、寂しく感じました。
元の改札口から離れているので、時間に余裕を持って出ましたが、やはり遠い!感は否めません。

古い線路を断ち切っての仮設通路の先には白いフェンスが続いていました。
のりこスタイル 新長崎駅_5
のりこスタイル 新長崎駅_6
のりこスタイル 新長崎駅_7

長崎駅の移り変わりを間近で見ることはできますが、荷物の多い時、雨が強い時、お子様連れ、ご高齢の方など考えると心配です。
じゃ、新しい入口から...と考えてみると、バスの便は限られているし、長崎みやげを買うには物足りないでしょう。
何れは最短コースの通路ができるそうですが、未定とのこと。
一日でも早い開通を多くの人々と待っています。

category: 鉄子の部屋

新長崎駅 -ポイント-  

 トイレは1Fの奥にありました。
   元の改札口近くにあった めがね橋 がここに設置されていました。

のりこスタイル 新長崎駅_4

ただ、トイレ近くにある階段は、かなり急できついので、少し戻ってエレベーターやエスカレーターが楽でしょう

のりこスタイル 新長崎駅_9

category: 鉄子の部屋