家事の裏ワザ・暮らしの知恵いろいろ・・・



のりこスタイル
 

こち亀  

こち亀

フーテンのとらさんや、両さんに憧れる、うちの主人。
最終巻は感慨深く見たようです。

category:

羊と鋼の森  

本のタイトルを初めて聞いた時は、いったいどんな内容か想像できませんでした。
いつもなら、ブームには乗れず、すぐに本を買ったりはしませんが、
作者の宮下さんがインタビューの中で答えていらっしゃったことばがあまりにも印象的で、
”ぜひ読みたい” と思いました。

宮下さんがご自分のピアノの調律を頼んだ時、調律師の方が
「大丈夫ですよ。このピアノには、いい羊がいますから」 と答えられたそうです。
それが、この本を書くきっかけになったそうですが、私も”すごい!” と感動しました。
本のタイトルの「羊と鋼の森」は、まさにピアノを表しているそうです。

自分のピアノを持ったことがない私ですが、
”あのフェルトのハンマーすごいなー” と以前から気になっていたので、
”これだ、この本だ” と早速読みました。

読み終えて・・・
主人公が時々立ち止まり、考え、しゅん巡する時間、やはり大切だよね、と感じました。

のりこスタイル 羊と鋼の森

のりこスタイル 羊と鋼の森

category:

ナガサキ インサイト ガイド  

  のりこスタイル 長崎の本


ある病院の待合室に置いてあったので、パラパラとめくってみました。

最初の発売は2010年10月、第二刷が2013年3月発行となっていました。

友人にこの本のことを話すと、「新聞とかで紹介されていたよ」とのこと。

なぜ私は今まで気づかなったのか…はずかしく思いつつ、本屋さんで買った時、
やっと出会えたうれしさも感じました。

私があえてこの本を紹介しなくても、もうすでに多くの方がご存知かもしれませんが
知らなかった方、知っていても中を読んだことない方もいらっしゃるのでは?
ぜひ、手にとって「見て」ください。

総合プロデュースをされた岡本一宣氏は、長崎出身で、現在は、東京でグラフィック
デザイナーとして活躍されているそうです。

どうりで、この本が、まるで写真集かと思うほどきれいなはずです。

現在のカラー写真だけでなく、古写真もたくさん載っています。

見るだけでもワクワクしてきます。

さらに「77のキーワード」に分けて、わかりやすく解説されています。

のりこスタイル 長崎の本 のりこスタイル 長崎の本


長崎のガイドブックは、数多くありますが、こんなにコンパクトながらずっしりと重い本は
見たことがありませんでした。

あとがきで、岡本氏が言われていますが、とても多くの方々のご協力によって出来上がった本だそうです。

その方々にも感謝しつつ、じっくり拝見させていただきます。

なお、この本は Vol.1 なので、これに続く本も楽しみです。

ナガサキ インサイトガイド
発行:社団法人ナガサキ ベイデザインセンター
発売:講談社
価格:1,905円(税別)

category:

マーガレット  

のりこスタイル マーガレット

お花屋さんで、たまたまマーガレットを買った次の日、
新聞で、女性漫画誌「マーガレット」が創刊50周年 と知りました。
ホントにびっくり

-記念号と銘打った「マーガレット」10号 発売中-
と書いてあったので、久しぶりに見てみたいと思いましたが、
新聞にも 『4/20発売分は品切れ相次ぐ』 とあったとおり、
なかなか見つからず、4軒目でやっと買えました

のりこスタイル マーガレット

巻頭には、一世を風靡した マンガの作家先生からのお祝い色紙がずらり
懐かしの「アタック No.1」や「ベルサイユのばら」「エースをねらえ!」
「花より男子」などなど、みんなマーガレットから創出されたんですね!

category:

写真家 中村都夢さん  

中村都夢(なかむら とむ)さんの 妖精・小人たちの写真を覚えていらっしゃいますか?
こんなふうに言っても、ピンとこない、ご存知ない方も多いかもしれませんね。
私もすっかり忘れていました。

今年の1月、毎日新聞の「発信箱」というコーナーで、中村さんのことが書かれていて、
あ~~っと、あの風景が、あの妖精たちの姿が目に浮かびました。

時々、雑誌やカレンダーなどで拝見するだけでしたが、大好きでした。
写真の中から、話し声が聞こえてきそうなほどでしたから。

でも、いつのまにか、拝見する機会も減っていました。

そして、新聞の中で、中村さんは 1996年に亡くなられたことを知りました。

悲しいかな、私の本棚に、中村さんの写真集はありません。
図書館で探して、書庫の中に入っていたものを借りることができました。

のりこスタイル 中村都夢さん

懐かしさやうれしさがこみ上げてきて、胸がいっぱいになりました

やはり手元に、と思い、本屋さんで注文しました。

絶版になっているものも多く、やっと1冊 手にしました。(ギリギリセーフ

のりこスタイル 中村都夢さん

「小人たちの誘い(いざない)」

とってもうれしいです

category: